介護保険制度 -訪問介護-

トップ | サービスご案内:介護保険制度 -訪問介護-

訪問介護サービス

介護保険のサービスは、利用者が自立した生活をできるように手助けをすること、
利用者から自ら欲しいと思うサービスが選択できることを特徴としています。

訪問介護サービスでは、要支援・要介護の認定を受けた利用者の日常生活のお手伝いをするため、
ホームヘルパーがご家庭を訪問して「身体介護」「生活援助」「相談・助言」をいたします。

サービス内容

サービス開始前に利用者の方やご家族とよく話し合い内容を決定します。
「ケアの三原則(自己決定・残存能力の活用・生活の継続性)」を守り、利用者の自立した生活にむけ援助するとともに、早期に信頼関係を作れるよう努力いたします。

1. 食事介助
食事はできるだけ離床して行うようにするとともに、介護用品等の利用によりご自分で食べることが
できるようにケアします。
また利用者とのコミュニケーションをとりながら、その人のペースで食事ができるように行い、
楽しい雰囲気づくりにも心がけます。

2.入浴介助
安全に留意し、心身に過度の負担をかけないようにするとともに、利用者のペースは尊重し、楽しみな入浴とします。体調のすぐれない日は入浴を避けたり、入浴中に体調の変化があったときは、
ただちに中止し、家族や医師の指示を仰ぐなど適切に対処します。

3.清拭
心身に過度の負担をかけないように短時間で終了させます。必要に応じ、部分浴と組み合わせて行います。

4.排泄介助
できるだけトイレを利用するよう援助しますが、それでも無理な場合は、すぐにおむつを使うのではなく、
ポータブルトイレや便器・尿器等の利用を考えるなど、できる限り自立した排泄手段を考えて援助します。

5.買物
利用者の希望や要望を尊重して行います。利用者が自分で選び楽しむ機会をもてるよう外出の援助も考えます。

6.調理
利用者の身体状況、咀嚼力、嚥下力、消化力にあわせた調理方法、栄養バランス、好み、味加減や経済性、
継続性を総合的に考え、援助内容を組み立てます。 利用者の食習慣を尊重しつつ、
改善できる部分は利用者と話し合って行います。

7.掃除・整理整頓
利用者の生活空間や掃除方法は、長年の生活習慣がありますので、必ず、利用者や家族の同意を得てから行います。
常に清潔を心がけ衛生面にも気をつけるとともに、作業は効率よく行います。

8.洗濯
衣類の素材や量に応じた適切な洗濯を行います。

9.介護相談
広く生活全般に関わる相談に応じ、早期に問題を把握、発見し、専門的援助につなげるようにします。

10.介護保険で利用できない事項
次のような場合は、介護保険サービスとして利用することはできません。
・受診付添
・散歩介助
・ご家族のために行う行為や、ご家族が行うことが適当と判断できる行為
・ヘルパーが行なわなくても日常生活に支障がない行為
・日常的に行われる家事の範囲を超える行為
(例:正月や節句等の特別な手間がかかる調理、車両の清掃、ペットの世話、屋根の修理、
大掃除、ガラス拭き、床のワックス掛け、草むしり、花木の水やり、家具の移動や模様替え)

入会案内

会費

通院など乗降介助のサービスをお受けする場合には、たすけあい麦の会員になって頂きます。
入会金 5,000円 年会費 1,500円
 

ご利用料金表 (介護保険・障害者自立支援)

サービス内容30分未満
(巡回型)
30分〜
1時間
1時間〜
1時間30分
1時間30分以上
30分増すごとに
身体介護2,540円4,020円5,840円830円追加
生活援助 2,290円2,910円830円追加
通院等乗降介護1回につき1.000円

※上記サービスの利用者の負担は1割です。